ハーレーの初回点検項目と料金 その後3年間のおおよその点検費用について



ハーレーの保証期間中の点検は、メーカー保証にも関わってくる大切な点検。定期点検を受けていないがために不具合の発見が遅れたり、メーカー保証が受けられなくなることもあるようだ。

大切なハーレーのためにも、定期点検を受けるようメーカーは推奨している。定期点検のスパンは初回点検以降6ヶ月毎となっている。

初回の車検費用を含めた3年間の最低維持費は、大きな故障がなければ18万円前後とみているが、どうだろうか?

Harey-Davidson Forty-Eight初期点検

 

 

SPORTSTER FORTY-EIGHT 2015年モデル初回点検

私のFORTY-EIGHT(登録日2015年3月13日)の初回点検の支払い金額は11,826円。内訳は通常33,426円から初回点検サービス分の工賃21,600円が値引き。点検は約80項目実施。以下、初回点検の大まかな項目。

エンジン点検

  • エンジンオイルの交換
  • オイルフィルタの交換
  • エアクリーナーの点検
  • エンジンのアイドリング回転数の点検
  • スロットル/エンリッチナーの調整
  • エンジンマウントボルトの規定トルクでの締付け
  • スパークプラグ点検

 

動力伝達装置

  • ドライブベルトの点検と調整
  • プライマリーチェーン
  • クラッチ調整
  • プライマリーチェーンケース潤滑油の交換
  • トランスミッション潤滑油の交換
  • スプロケットの点検

 

ステアリング装置点検

  • ステアリングヘッドベアリングの調整

 

ブレーキ点検

  • ブレーキフルードの量、状態
  • ブレーキパッドライニングとディスクの磨耗
  • リアブレーキペダルの高さの調整、あそび

 

足回り点検

  • リアショックアブソーバの状態
  • リアフォークピポットナット

 

電気装置点検

  • バッテリー接続部
  • 電気装置、スイッチ類(灯火装置、方向指示器、警音器、計器)の動作
  • バッテリー充電圧の点検(測定値:14.2 DCV)

 

走行装置

  • プロントフォークベアリング調整
  • ホイールスポークの締まり
  • タイヤの空気圧、磨耗/損傷
  • コントロールレバー、ケーブル類への給油

 

エンジン冷却装置

  • エンジン冷却システムの点検(ラジエターホース・クーラント量)
  • ラジエターの清掃

 

その他点検項目

  • フュエルバルブ/ライン/フィッテングからの漏れ
  • スタビライザーリンク
  • エンジンのヘッドボルト以外の全締め具
  • 走行テスト
  • ブレーキラインからのオイル漏れ点検
  • オイルホースからのオイル漏れ点検
  • ジフィースタンドの給油
  • その他可動部の給油

 

初回点検以降の点検については、現段階では受けていないため詳細は分からないが、おおよそ次の内容で行われる。

 

 

6ヶ月点検(40〜50項目)

登録から6ヶ月〜8ヶ月を目安に受ける。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料

6ヶ月点検(2015年8月26日 3,439Km)の概算費用:12,960円

オイル交換 2.6リットル(2015年10月28日 4,557Km):8,608円

エンジン始動が弱々しいため、バッテリーの状態を診断してもらった。

充電前:12.5V 170CCA
充電後:12.7V 210CCA

電圧計テスト

電圧(DCV) 充電率
12.7 100
12.6 75
12.3 50
12.0 25
11.8 0

6ヶ月点検で持ち込んだ直後の電圧は12.5V、充電率は66%前後といったところだろうか? で、気になったのがCCAという単位。

調べてみると、「コールド・クランキング・アンペアー」といって、エンジン始動性能を表す値ということが分かった。-18℃±1℃の条件下で放電し、30秒後の電圧が7.2Vとなる放電電流(アンペアー)のことらしい。

「エンジンの始動性能は電圧よりもCCA値で判断する方が信頼できる」とハーレーのメカニックの方も言っていた。

この動画を見て欲しい。これはバッテリーが上がったのではなく、CCA値が低下してエンジン始動できない状態ではないだろうか?


バッテリーが上がっていたら、バッテリーの警告灯が赤色点灯するだろうし、完全に上がっているのであればセルを回すどころか、何も表示されないと思う。

 

 

12ヶ月点検(60〜70項目)

登録から1年後に受ける点検。メーカー保証期間として下記のオイルが無償で交換できる。

  • エンジンオイル
  • プライマリー・ミッションオイル(スポーツトランスオイル)
  • オイルフィルター

※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料

12ヶ月点検の概算費用:16,200円〜

 

 

18ヶ月点検(40〜50項目)

登録から18ヶ月〜20ヶ月を目安に受ける。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料。

18ヶ月点検の概算費用:12,960円〜

 

 

24ヶ月点検(60〜70項目)

登録から2年後に受ける点検。12ヶ月(1年)点検と同じように、下記のオイルが無償で交換できる。

  • エンジンオイル
  • プライマリー・ミッションオイル(スポーツトランスオイル)
  • オイルフィルター

※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料

24ヶ月点検の概算費用:16,200円〜

 

 

30ヶ月点検(40〜50項目)

登録から30ヶ月〜32ヶ月が目安。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料。

30ヶ月点検の概算費用:12,960円〜

 

 

36ヶ月点検(約80項目、車検)

登録から3年後が最初の車検。1ヶ月前から受け付けている。この時も、メーカー保証期間として下記のオイルが無償で交換できる。

  • エンジンオイル
  • プライマリー・ミッションオイル(スポーツトランスオイル)
  • オイルフィルター

※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料

車検期間は1週間程、バイクを預けることになる。



コメントを残す

18 More posts in 車・バイク category
Recommended for you
ハーレーのキーフォブが電池切れ

液晶モニターにENTER PI...