握力必須! これからハーレーに乗るなら鍛えておこう!



握力低下でクラッチが握れない

噂には聞いておりましたが、ハーレーのクラッチは重いです。

 

それでも左の握力は55kgあるので重いハーレーのクラッチでも難なく切ることができます。 しかし、長時間バイクに乗っていると…

 

そうです、クラッチを握る左手の握力が低下して、クラッチを切ることが困難に。

 

 

ハンドグリップで持続する握力をつける

握力が低下してクラッチを握れなくなるとシフトのアップ・ダウンができなくなるし、安全にバイクを停止することもできなくなります。

 

そうならない為の対策として、握力を強化しておきましょう。

 

ハーレー乗りに必要なのは握力の持続力です。最高値ではありません。

握力を鍛えるなら何と言ってもハンドグリップでしょう!

 

破壊力を欲している訳ではないので、軽めの「スポーツ(握力36kg程度)」か「トレーナー(握力44kg程度)」を選んで数をこなしましょう。

 

1日に20から30回を3セット。毎日続けていると「握力無くなってクラッチ切れない」なんてことはなるのと、手首から肘までの前腕筋がたくましくなって、ハーレーが似合う男になった気になれます。

 

 

ハーレーのクラッチ対策

「腕が太くなるのは困る」「バイク側で何とかしたい」という方も安心してください。

 

クラッチを軽くするプロダクトもあるので、メカニックに相談するなどしてカスタムしましょう。

 




コメントを残す

18 More posts in 車・バイク category
Recommended for you
ハーレーのキーフォブが電池切れ

液晶モニターにENTER PI...