カメラのモードダイヤル

最近インスタなどのSNSを利用していると、凄く綺麗な写真をアップされているのを見ます。

そのような写真を見ると、自分でもちゃんとした写真を撮りたくなるものです。

モードダイヤル

カメラにモードダイヤルというダイヤルが付いています。シチュエーションによって適切なモードを選んで撮影すれば、カメラが裏で露出、絞りやシャッタースピードを自動的に調節してくれています。

  • 夜景     夕暮れや夜景をバックに人物を撮影する。
  • 風景     広がりのある風景を撮影するとき。
  • ポートレート 背景をぼかして人物を浮き立たせたいとき。

意識してるのは上記のモードくらいのもので、その他の時はほとんど「AUTO(自動)」にしています。

Mode Dial

よく分からないのが、モードダイヤルに記されている「M」「P」、それに「Tv」「Av」です。

「この写真はいいな。」と思ったものは、カメラは違えど、きっとこのモードを使いこなしているはずです。

だから今まで開いて読むこともなかったカメラの取説(Canon PowerShot Pro1 カメラユーザーガイド)を引っ張り出して読むことにしました。

 

P :プログラムAE

被写体の明るさに応じて、シャッタースピードと絞り数値をカメラが自動的に設定。

同じ露出でシャッタースピードと絞り数値の組み合わせを変えることができます。

ビューファインダーや液晶モニターのシャッタースピードと絞り数値が白字で表示されているときは、適正露出。適正露出が得られない場合は赤字で表示されます。

適正露出を得る為の対処方法。

  • ストロボを使用する
  • ISO感度を変更する
  • 測光方式を変更する

※ 測光方式を変更する方法は、カメラ上面の表示パネル右横の「測光ボタン」で切り替えることができる。

PAUTOの違い 露出補正、ホワイトバランス、ISO感度の変更、ブラケット撮影、ストロボ調光補正、色効果、AEロック、FEロック、NDフィルター、連続撮影、記録形式変更、測光方式変更、マニュアルフォーカス、AF枠の変更、インターバル撮影

 

Tv:シャッター速度優先AE(Time value)

シャッター速度優先AEのTvを選ぶと、被写体の明るさに応じて、カメラが適正露出になる絞り数値を自動的に設定します。

シャッタースピードを速くすると、動きの速い被写体の瞬間を捉えることができます。

逆に、シャッタースピードを遅くすると流動感を表現できたり、夜景などをストロボなしで撮影することができます。

シャッタースピードはカメラ上面、シャッターボタンの後方にある電子ダイヤルで変更することができます。

シャッタースピードが遅くなると手ブレしやすくなるので三脚を使います。 噴水

 

Av:絞り優先AE(Aperture value)

絞り優先AEのAvを選ぶと、被写体の明るさに応じて、カメラが適正露出になるシャッタースピードを自動的に設定します。

Tvとは逆の補完をしてくれます。

絞り数値を小さくする(絞りを開く)と、背景をぼかした美しいポートレートが撮影できます。

逆に、絞りの数値を大きくする(絞りを閉じる)と、奥行きのある風景の手前から遠くまでが鮮明に写ります。 都農ワイン 絞りの数値表示 F2.4 F2.8 F3.2 F3.5 F4.0 F4.5 F5.0 F5.6 F6.3 F7.1 F8.0

 

M :マニュアル

シャッタースピードや絞り数値を自分で決定して、狙い通りの撮影ができます。

花火の撮影など、露出の設定が難しいときに使うといいようだ。

 

まとめ

カメラのモードダイヤルについて調べた結果。

  • 動被写体:  Tv シャッタスピードで流動感のある写真や動きを止めた写真を狙う。
  • 風景:    Av 背景をぼかしたたり、画全体に広がりを持たせたいとき。
  • その他:   M  露出設定が難しい被写体。花火などを

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。