OpenVZ徹底入門

OpenVZ徹底入門 バーチャルデータセンター構築

OpenVZ徹底入門 バーチャルデータセンター構築 完全ガイド

著者: 中島能和 / 里浜圭一(2008年11月)

商品番号:118160
添付:DVD 1点
ISBN:9784798118161
サイズ:B5変
ページ:384
販売価格:¥4,179(本体¥3,980 消費税5%)
発売日:2008/11/04
出版社:株式会社翔泳社

お近くの書店、SEshop.comAmazonなどでご購入いただけます。

 

 

OpenVZ徹底入門の内容

OpenVZ-iDC-Rack 本書はOSS仮想化ソフトOpenVZを利用して「バーチャルデータセンター構築」を行うためのガイドブックです。

この本のタイトルにもあるようにバーチャルデータセンターとは、OpenVZのホストOS(CentOS 5)をデータセンターに見立てています。OpenVZの仮想化技術を使って複数のサーバを構築(CentOS 4)し、理論よりも構築したサーバの動きを体感することに重きを置いています。本書で作るバーチャルデータセンターで構築に関しての経験を積めます。

本書を読み進めるにあたり必要な環境は、1台のマシンとLAN環境で10個程度のIPアドレスがあれば十分です。それとクライアントPCからのLinuxサーバへのリモートログイン、viエディタの基本的な使い方を知っている方であればサーバを構築することができるよう構成しています。

もしLinuxに初めて触れる方でもやる気と少しの時間、努力で身につけることができます。

  • OpenVZを使ってパソコン上で仮想データセンターを再現
  • データセンターの現場で必要なシステム管理
  • ネットワーク管理のスキルを身につけることができる
  • 実際のデータセンター構築に活かせるテクニックを学ぶ
  • OpenVZのまとまった情報源として利用できる

 

 

OpenVZ徹底入門 目次

  • 序章

− ストーリー
− サーバー構築依頼概要

  • 1 OpenVZ(サーバー仮想化ソフトウェア)の概要

− 1.1 サーバー仮想化の意義
− 1.2 サーバー仮想化ソフトウェア
− 1.3 サーバー仮想化とバーチャルドメインの違い
− 1.4 OpenVZとは何か
− 1.5 OpenVZの特徴
−− 1.5.1 OS仮想化
−− 1.5.2 ネットワーク仮想化
−− 1.5.3 リソース管理
−− 1.5.4 チェックポインティングとライブマイグレーション
− 1.6 OpenVZが動作するハードウェア要件