ハーレーのキーフォブが電池切れ



液晶モニターにENTER PINという文字

愛車ハーレーのエンジンをかけようとしたらスピードメーターの液晶モニターに「ENTER PIN」と表示されました。

 

どうやらキーフォブの電池が切れたようです。

 

ハーレー納車時に、セキュリティシステムを手動で解除する方法を説明してもらいましたが、解除方法どころかPINさえも覚えていません。

 

自宅駐輪場だったから良かったものの、これがツーリング中だったらどうでしょう?

 

 

ENTER PINを切り抜ける簡単な方法

ENTER PINと言われたからといって、PINを入れなければハーレーのセキュリティが解除されない訳ではありません。

 

では、どのようにすればセキュリティを解除することができるのでしょうか?

そう、そうなんです。

キーフォブの電池を新しいものに変えればいいだけなんです。

 

 

予備電池(CR2032)を携帯すれば安心

今回のことから、キーフォブの電池が切れてもすぐにセキュリティを解除できるように、予備電池を常に携帯するようにしました。

 

キーフォブに使用する電池は、CR2032というボタン電池です。

 

セキュリティシステム搭載のハーレーオーナーの方、安心のアイテムを一つ携帯することをおすすめです。

 




コメントを残す

18 More posts in 車・バイク category
Recommended for you
劣化したハーレー純正バッテリーを再生できる?!

バイクや車、Macと、何かとバ...