超簡単! 北米マフラーに交換 2014-2016 Harley-Davidson Forty-Eight



今回は、わたしの2015年モデル Harley-Davidson Forty-Eightのマフラー交換(北米仕様マフラー/バロニーカット)について書きたいと思います。

 

 

なぜマフラー交換をするのか?

それは決まってますよね、ハーレーらしい排気音を出したいからです。

交換後に気付いたのですが、良くなるのは音だけではありません。それは後ほど書くことにします。

 

 

マフラー交換に必要な工具と交換のポイント

この写真を見ていただければ、何が必要でどこを触ればいいのか分かっていただけると思います。

Forty-Eight マフラーのボルト

マフラーを固定しているボルトを緩めるために必要な工具はパインバレーさんで購入しました。

HD-Sportster2015-SlipOnMuffler06

フロントマフラーのステーには4つのボルトが存在します。よく確認してから作業しないと、不要なボルトを外すことになりますので注意してください。

 

外すのは赤丸で囲んだマフラーを固定しているボルト2つです。

ラスペネ

そして、浸透潤滑剤のラスペネとネジ焼付防止材のアンチシーズ。

 

 

マフラー交換の作業工程

 

ノーマルマフラー取り外し

  1. ラチェットに9/16ソケットを装着
  2. リアマフラー上部のボルトを緩める(このボルトは外さなくていい)
  3. フロントマフラー前部のボルトを緩める(このボルトは外さなくていい)
  4. ラチェットに1/2ソケットを装着
  5. リアマフラー下部のボルトを外す(2つ)
  6. リアマフラーを取り外す
  7. フロントマフラー下部のボルトを外す(2つ)
  8. フロントマフラーを取り外す

 

北米マフラー装着

  1. フロントマフラーを装着
  2. ラチェットに1/2ソケットを装着
  3. フロントマフラー下部のボルトを締める(2つ)
  4. ラチェットに9/16ソケットを装着
  5. フロントマフラー前部のボルトを締める
  6. リアマフラーを装着
  7. ラチェットに1/2ソケットを装着
  8. リアマフラー下部のボルトを締める(2つ)
  9. ラチェットに9/16ソケットを装着
  10. リアマフラー上部のボルトを締める
  11. フロントマフラー下部のボルトを締める
  12. 排気漏れがないか確認

 

4速を使えるようになった

北米マフラーを交換すると排気音が良くなることの他、4速を使えるようになったことは大きいです。

 

ノーマルマフラーで4速までギアを上げると70km/hくらいで走ることになっていたので、日本の一般道では使えないと思っていましたから。

 

それが北米マフラーに交換した後は50km〜60km/hで4速を使えるようになったので、すごく走りやすくなりました。




3 Comments

  • さる野郎 より:

    2016年式の48乗りです。
    先日、北米マフラーに交換する際に、大いに参考にさせて頂きました。
    非常に助かりました。ありがとうございます。
    確かに以前は4速、1700rpmあたりでノッキング気味になっていたのが
    出なくなりました。

    • neo より:

      コメントありがとうございます!
      この記事を書いた甲斐がありました。
      北米マフラーに変えると4速が使えるようになりますよね。

コメントを残す

18 More posts in 車・バイク category
Recommended for you
ハーレーのキーフォブが電池切れ

液晶モニターにENTER PI...