愛車ハーレーをBlissでコーティング WAXよりもだんぜん簡単!



一番売れているコーティング剤Blissを試してみました。今回は車ではなく、新車で納車されたばかりのHarley-Davidson XL1200X Sportster Forty-Eight。ブレーキ周り以外の全ての箇所にブリスを塗りました。

 

 

Blissコーティングの工程

  1. 洗車
  2. ブリス吹きかけ
  3. 拭き取り

自動車(バイク)のボディーを水洗い(洗車)し、砂やホコリ等を洗い流す。洗車の水滴が残っている状態で、ブリスを吹きかけ、同梱されているコーティング専用スポンジでブリスを伸ばす。 再度ボディーに水をかけ、水滴と一緒に同梱の極細繊維クロスで拭き取り終了、たったこれだけ。

 

 

Blissコーティングの効果

油脂性のワックスは酸化してボディーの色が次第にくすんでくるが、ブリスは高密度ガラス繊維系ポリマーなので車やバイクをガラスでコーティングしているようなもの。

だから艶や光沢が約4ヶ月持続する。雨の中バイクを走らせ汚れたとしても、さっと水洗いするだけで汚れは簡単に落ちてくれる。

全色対応で酸性雨、塩害からボディーを保護しホイールやタイヤにも使えるブリス。おすすめです。




コメントを残す

18 More posts in 車・バイク category
Recommended for you
ハーレーのキーフォブが電池切れ

液晶モニターにENTER PI...