これぞ愛のエネルギー



電力会社からの節電協力依頼

電力会社からは「今夏における節電へのご協力のお願い」というチラシが届いています。

当社は、現在、原子力発電所の運転停止に伴い、電力供給力確保のため最大限の努力を行っているところですが、今夏は、昨年より皆さまにご協力いただきまし節電の効果を見込んだとしても、供給力が不足し、電力需給はきわめて厳しい状況となることが予想されます。

「原子力発電所の運転停止に伴い」という文句にピクピクっと反応してしまいます。「ほらね、原発がないとこんなに大変なんだよ。」と言わんばかりのプロパガンダと思えてならない。

 

 

電力会社に依存する今のエネルギー

太陽光や風力のような自然エネルギーは、電気への変換効率や気象に左右されるから課題は多い。では化石燃料や原発に依存しないエネルギーは他に無いのか?

原発ではウランを核分裂させて、その時に発生する熱を利用して発電しますが、常温核融合(Cold Fusion)という方法も研究されています。

こちらは核分裂ではなく核融合という方法で、中性子線などの放射線は発生せず、反応も緩やかなので核分裂と異なり比較的安全。しかも海水から重水だけを取り出して発熱して電気に変換できるらしい。

ただ実用化されても、電力会社あるいは、それを取り扱う企業から電気を購入するという独占・寡占構造は今と変わらないように思う。

電力を電力会社に依存しているから、いざ停電となると様々な活動に制限が生じる訳です。

 

 

理想のエネルギー

もっとシンプルに電力会社に依存しないエネルギーを得ることできた方がいいと思う、よね? 無尽蔵に得られるフリーエネルギー。資源をめぐって争うこともなくなるんじゃないかな。

この世の中は全てフリーエネルギーなんです。地球そのものがフリーエネルギーですし、その中に存在している全てがそう。そして宇宙の法則はただひとつ、原子と電子(原因)で物質(結果)が形作られているんです。 

物質は原子からできていて、原子は原子核と電子、原子核は陽子と中性子からなると教えられてきましたが、それを原因と結果と大別し説明しているのが、フリーエネルギー研究家の飯島秀行さん。

 

映画のマトリックスやヘミシンク、レイキ、今まで読んできた本に「天使と悪魔」、「わら一本の革命」、「超訳般若心経」のことをこのブログに書きましたが、それらとシンクロするような話しをYoutubeで閲覧することができました。

自然(宇宙)の法則を理解すれば水や空気から電気を集めモーターを回すこともできると実際に実演しています。

水や空気も法則を使えば、ニュートラルの状態に戻すことができることもできるようです。

 

 

愛のエネルギー

「青空の下、水しぶき 2年ぶりにプール授業 福島の小学校」という記事を見た時、「えっ」と思いましたが、自然の法則を使って水や土壌のニュートラル化を実施していることを知りました。

 

30年もすれば自然は自らの治癒力で浄化するけど腕組んで待ってることはないので、治癒力を促進させてあげればいいのですと、まさに愛のエネルギーだと思います。

 



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...