略奪国家を棄てよ



民主主義、表向きは立派な観念で否定しがたいが、どうも社会自体に矛盾や不公平さを感じる。日本で言うグローバル・スタンダードの実態は、アメリカン・スタンダードであり、『民主主義』ではなく、『民取主義』であることが分かれば不公平さは当然であり、矛盾は解消される。
言葉遊びを楽しんでいるのではないが、我々は奪い合うことよりも分け合う心を大切にした方がいい。「奪い合えば足りず、分け合えば足りる」のだから。
変にアメリカナイズされるより、日本はそろそろアメリカの属国から離脱すべきだ。そんなことに気付くことができる一冊。



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...