しろ銀滴



焼酎は苦手

焼酎が苦手なのは、口に含んだ瞬間にゾクっとして体温が下がった感じになるのがイヤ。

体質的なものだろうけど、どの焼酎でもそう、お湯で割ってても同じで、まだまだ焼酎の美味しさが分からないでいるお子様。

でも唯一「美味しいかも!」と思った焼酎がある。

 

 

献上酒の名に恥じない風格と味

それは王手門酒造の本格芋焼酎「しろ銀滴」。「献上酒の名に恥じない風格と味」と商品紹介に記されているとおり、皇室に献上して飲まれていたとか。

道理で私の味覚とシンクロするわけだわ!

 

 

銀滴というネーミング

むかし住んでいた所の近所に「銀しゃりや」という料理屋があって、一人分の小さな釜で出てくる釜飯(白米)がつやっつやのピッカピカでとても美味しかった。

その頃の記憶と、ほのかに甘さを感じることから、「銀滴」は米のイメージがある。

イメージから来る銀滴というネーミングは私の中でしっくりくるのだが、しろ銀滴は本格芋焼酎である。ちなみに、しろ銀滴の原料は甘藷と米麹だそう。

銀滴というネーミングは、銀色に輝く雫からであろうことは想像に難くなく情緒を感じる。

そんなこんなで本日いただいた「しろ銀滴」で晩酌を楽しみました。

 



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...