Safariの便利な機能



今更感が否めないですが、Safariの開発メニューって凄くない? ユーザエイジェントの切り替えができる機能だけど、今の今ままでSafariにこんな機能があるなんて知らなかった。

今までなんてあれだよ、iPadが手元に無いときはiOSシミュレータを使ったり、IEであればVMware Fusionを立ち上げて確認してましたよ。

それがSafariの環境設定の「メニューバーに”開発”メニューを表示」で煩わしいことしなくて済むなんて!

 

 

Safariの環境設定

環境設定を開いて「詳細」を選択。

 

 

メニューバーに”開発”メニューを表示

「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れる。

 

 

Safari 開発メニュー

Safariのメニューバーに「開発」メニューが表示され、数々のユーザエージェントを選択できるようになります。

 

 

ユーザエイジェントをSafari iOS 4.3.3 – iPadに切り替え

試しに、「Safari iOS 4.3.3 – iPad」を選んでSoul2Golfを見ると、お〜っ iPad 用のレイアウトに変換されたページが表示される! しかも操作感はiPad!!

ログを見ると、

Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_2)
Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_3 like Mac OS X; en-us)

のようにちゃんと変わってます。これはWebサイト構築している人には嬉しい機能ですね。知らなかったのは私だけだと思いますけど。orz



67 More posts in コンピューター category
Recommended for you
MacBook Pro (Late 2016)をDVIで外部ディスプレイに接続

MacBook Pro (La...