ラウンジの鬼 沸騰ワード10で見せた高橋真麻の技が凄すぎる!!

2018年4月6日に放送された沸騰ワード10をご覧になりましたか?

 

ブルゾンちえみがANA国際線ビジネスクラスに「初めて乗る」ということで、羽田空港国際線ターミナルのラウンジ(ANA LOUNG / ANA SUITE LOUNGE)と機内での過ごし方を高橋真麻が伝授するという企画。

 

4月16日にラウンジを利用した僕にとって、とてもタイムリーで勉強になる内容でした。

 

ブルゾンちえみ ANAビジネスクラスでラウンジ初体験

ブルゾンちえみは国際線の空港ロビーで行き交う人を眺めることにハマっているということで、今回「沸騰ワード10」のターゲットとなりました。

 

それまでビジネスクラスに憧れを抱きながらも、航空会社ラウンジの知識はゼロ。そこに現れた高橋真麻のラウンジ活用術がもう凄すぎて神の領域。

急にこんなところに来ても何をしていいのか分からない。

というブルゾンちえみの言葉が痛いほど分かる僕が、真麻教官の伝授内容をまとめたいと思います。

 

この記事は僕の体験も交えラウンジにフォーカスして書きたいと思います。

 

 

ラウンジの入り口でもらうもの

ラウンジに入る際、「ANA Mileageアプリの提示用デジタルカード」か「ビジネスクラスの搭乗券」もしくは「ステータスカードと搭乗券」を受付で確認してもらいます。

 

入室が認めらると真麻教官はすぐさまいつものを下さいと言っていました。

 

この「いつもの」とは、

  • 歯ブラシ
  • ポケットテッシュ

のことです。

 

ラウンジで食事をした後と、歯を磨きたくなったとき用に2本の歯ブラシと、特にアジアではお手洗いにテイッシュが無いことが多いので、ここで「歯ブラシ」と「ポケットテッシュ」の2点をもらっていました。

流石ですわ♪

 

 

ANA国際線ラウンジはシャワーを浴びることができる

羽田や成田の国際線ターミナルにあるANAラウンジではシャワーを浴びることができます。

 

仕事を終えて、そのまま海外へ行く人も多いことから、シャワーの利用者は多いように思います。

 

シャワールームが混み合う時間帯もあるので、シャワーを浴びたい人は受付時にシャワーの予約をしておくといいと思います。

 

シャワールームにはアメニティが用意されていて歯ブラシもあるので、入り口の受付でもらう必要はありません。

個人的に歯ブラシは、使い慣れたものを持参しています。
その方が、綺麗に磨けます。

 

 

ラウンジに入ったらまずビール!

真麻教官はすぐさまビールサーバーに向かい、ビールが注ぎ終わる前にトレーに箸とスプーンを並べるという一切無駄のない動きをしていました。

 

ビールサーバーにグラスをセットするテクニック

驚いたのは冷蔵庫で冷やされたグラスを取り出し、ビールサーバーにセットする手さばきの凄いのなんのって完全に神ってました!!

 

あの腕橈関節の回内の動きは、テニスエルボーの僕にはちょっと無理です。

 

 

ラウンジの鬼の定位置 そこに居座る理由が凄すぎる!!

真麻教官のセンスが伺えたのがラウンジ内の座る場所です。

 

番組内のブルゾンちえみもそうでしたが、僕も窓際に足が向いてしまいます。

どうしても飛行機を見ていたいということからなのですが、ブルゾンちえみが窓際の席に行くと、

その発想はないわ〜

と一蹴されていました。

 

食べ物から遠いということと、真の理由はこれ↓↓↓にあると思います。

使い終わった食器などを敷居越しにそのまま返却できるって、まさに鬼です。

その発想は無かった〜ぁ!!

と、弟子入りしたく思いました。

 

これほんと凄くないですか?

ドリンクや食べ物から遠い場所に座ってしまうと結構無駄な時間が生じますし、荷物から離れる時間が長くなるので心理的に嫌です。

 

真麻教官が勧めるラウンジ内の座る場所から、

  • 窓が見える場所(※窓際ではない)
  • 飛行機の出発時刻や状態を表示する電光掲示板が見える場所
  • 食器をすぐに返せる場所
  • 窓際で外の景色を見たいなら、食事を済ませて移動すべし

ということを学ばせていただきました。

 

 

ラウンジ・飛行機に搭乗するときの服装

基本ウェスト部分は「ゴム」らしいです(笑)。

 

この画像のテロップに「パンッ!」と入っているのは、

真麻教官がパンツのウェスト部分を引っ張って手を離した時の音

を表しています。

これよく分かるわ〜

 

ラウンジや飛行機の中って美味しいお酒あるし、食べ物がたくさんあるのでいつもより余計に食べてしまうんです。

 

僕の場合は往復で3kgは増量します。

帰国して体重を調整するのも結構大変なのでセーブすればいいのですが、お酒が美味しくて・・・

だから僕は、旅行用にストレッチパンツを買いました。これ凄く伸縮性あるのでいいですよ!!

 

 

ヌードルバーでの謎のオーダー 真麻のラウンジクイズ

ANAの国際線ラウンジにはヌードルバーがあって、そこで麺類をオーダーすることができます。

 

で、真麻教官のオーダーはというと、とんこつラーメンを頼んだのですが、麺を半分に分けて

  • 半分は普通にとんこつラーメン
  • もう半分はお椀に麺だけを入れる

なぜこのようなオーダーをしたのでしょうか?
という真麻のラウンジクイズ。

 

真麻オリジナルメニュー

真麻教官はラウンジを利用する前に、ANAのホームページ

「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」でのお食事・お飲み物について

で、今月のメニューを確認するそうです。

 

 

そして、麺を半分に分けた理由はというと、オリジナルサンラータン麺にするためということでした。

マジ惚れますわ♪

 

 

羽田空港国際線のDINING h

羽田国際線のANA SUITE LOUNGEには、「DINING h」という夜だけオープンするレストランがあります。

 

僕もDINING hを利用したいと思っていたのですが、機会に恵まれず利用できませんでした。

ここでは前菜、メインディッシュ、デザートからなる本格的なコース料理と、通常1杯1,400円もするシャンパンを、どれだけ飲んで食べても無料ですからね。

 

近い将来、家族を連れて利用したいと思います。

 

 

ヤフオクで手に入るANA SUITE LOUNGEご利用券

ANA SUITE LOUNGEは通常であれば、Diamondステータスの上級会員ファーストクラスの搭乗者、もしくは、ANA SUITE LOUNGEご利用券を持っている人しか入ることができません。

 

実はANA SUITE LOUNGEご利用券は、ヤフオクで5,000円程度で手に入れることができるので、羽田発の国際線で旅をするなら手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ANAラウンジの利用対象(成田・羽田)

何も知らなかった頃(つい最近まで)は、一度は入ってみたいと思っていたANAのラウンジ。

 

先にも書いたように、「ANA SUITE LOUNGEご利用券」をヤフオクなどで購入すれば入ることができると書きましたが、他にも、

ANA LOUNGEであればプレエコ(プレミアムエコノミー)クラスで利用できます

実際にどんな人がラウンジに入ることができるのかまとめてみたいと思います。

 

ANA LOUNGE

  • ビジネスクラスの利用者
  • ANAマイレージの「プラチナス」メンバーと「スーパーフライヤーズ会員」
  • スターアライアンスの「ゴールド」メンバー
  • プレミアムエコノミークラスの利用者
  • ANAマイレージの「ダイヤモンド」メンバーやファーストクラスの利用者

 

ANA SUITE LOUNGE

  • ANAマイレージの「ダイヤモンド」メンバー
  • ファーストクラスの利用者
  • ANA SUITE LOUNGEご利用券

プレミアムエコノミークラス以外は、同行者1名が無料で利用することができます。

 

他にも、成田には「ANA ARRIVAL LOUNGE」もあったり、まだまだ知らないことが多いので、情報を提供してもらえるとありがたいです。

 

 

エアポート投稿おじさん急増中

巷ではエアポート投稿おじさんが急増しているようです。

なぜ、おじさん達は空港の写真を投稿するのでしょうか?

その真相と、行動原理について、エアポート投稿おじさんである僕が暴露している記事です。

ご興味ある方はこちらもお読みください。

 

 

空の旅を快適にアレンジできるようになるための本

僕は家族のためにも空の旅を上手くアレンジしたいので、エアラインサービスのことを知るためにこの3冊を買いました。

 

マイレージ上級会員BOOK

この本は、ANAとJALの上級会員の体験談が語られています。上級会員になるメリットや、なったて受けられる恩恵がそこから見えてきます。

 

そして上級会員になるためのノウハウ(効率良く上級会員になるためのポイントを貯める方法など)が書かれています。

 

上級会員になってワンランク上の空の旅を目指す方におすすめです。

 

 

エアラインサービス完全活用読本

お得に便利で快適な空の旅を極めようとするならこの1冊です。

 

マイルの活用方法から海外発券で割安なチケットを手配する方法や、世界各国のラウンジ事情に機内のシートレイアウトなど、快適な旅をアレンジする際に非常に役立つと思います。

 

一言でビジネスクラスと言っても、航空会社や路線、機種によってシートレイアウトも違います

例えば、ガールフレンド(カップル)との旅行で快適さを優先したばかりに、座席が互い違いにレイアウトされたスタッガードシートを選んでしまった、というような失敗はしたくないですよね。

やっぱりこのような本を読んでリサーチしてから旅をアレンジした方が、旅のクオリティが上がると思います。

 

 

ANA200のひみつ

僕のようなANAのことが大好きな方は買ってください^^

ANAの便名がなぜ「NH」で表記されているのか?

国際線ではオンラインチェックインというのに国内線ではスキップサービスと言ってるけど、なぜ統一しないのだろう?

というような、特に調べるまでもないけどどこか頭の片隅でモヤモヤしている疑問が、この本を読むことで解消されます。

 

ANAにフォーカスした本なので、ANAが保有している機材(航空機)、路線やダイヤの更新時期についても書かれているので、詳しくなっておけば、旅を計画するときにANAのデスクに相談しやすくなりますよ。

 

コメントを残す

196 More posts in ライフログ category
Recommended for you
Googleマップでアメリカオレゴン州の森の中に飛行機を発見!

 このGoogleマップ...