大自然への旅



高千穂峡

高千穂峡

高千穂峡 ボート

高千穂峡 ボート

9月も下旬というのにまだまだ暑い。

そんな気候のなか、3連休は家族で高千穂、阿蘇へ旅に出ました。高千穂でやっておきたいことは、高千穂狭でボートに乗ることです。涼風避暑を求めてやってきた高千穂ですが、やはり日中は暑い・・・

でも高千穂峡は五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を浸食して生まれたV字型の渓谷、そんな時でも滝から発生するマイナスイオンで涼を提供してくれます。

ボートで笑う輝

ボートで笑う輝

ここをボートを漕いで意のままに遊覧する訳ですが、必ずしも意のままになる事が保証されていることではないようです。男の子とお母さんのボートが勇敢にも滝の真下に突っ込む様子を見て笑う、相方と息子。

今回は通りすがり程度に立ち寄った高千穂は、雲海、天孫降臨の地としての神話でも有名な場所。また11月から2月にかけては夜神楽も行われるのでぜひまた行きたいと思う。

 

ヒゴタイ公園

ヒゴタイ公園1

ヒゴタイ公園

ヒゴタイ公園2

今回の旅の最大の目的は自然と同化するってこと。大人も子供も関係なく走り回ったり大声で笑ったりして、日頃子供に対して無意識に規制を掛けているところを知りそれを解きほぐすと、ものすごくいい笑顔になるんです。

 

子供は他の人の顔色を伺う必要はないんです。大人だってそうです。他人を伺い気遣うあまり自分を犠牲にしてたらホントの笑顔なんてできないもんです。

子供を通して気付く事って結構多くあります。ありがとう!ここは初秋の阿蘇。日はすすきの穂を照らし大地を金色に変える。風は穂を揺らしサワサワと音が心地よい。

ヒゴタイ公園3

ヒゴタイ公園3

ヒゴタイ

ヒゴタイ

おだやかな時の流れに身をまかせていると、いつしか星が瞬き始める。まるで宇宙の営みを告げるかのように。同じように子供の瞳も輝く。今までかつて、これだけの数の星を見た事はなかったはずだ。最も輝く星を息子にプレゼントした。我ながら最高のプレゼントができたと思う。

お金で買えない価値があるってこういうことなのねぇ!家族に感謝、大自然に感謝! いい旅をありがとう!!

 

妻と息子

妻と息子

 

 

 

 



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...