神戸空港開港



伊丹の存在意義はいかに?本日神戸空港が開港しましたね。

着工前には着工反対の署名呼びかけが多くありました。私は空港・飛行機大好き人間なので署名はしませんでしたが、やはり震災で大きな痛手を追った被災者にとってはプライオリティーを下げられた感が根強く不満も大きいと思います。

神戸市は「阪神大震災の復興の起爆剤」と位置づけているらしいですが期待できるようなできないような・・・
伊丹から離陸する西行きの便って神戸港上空が航路になっていると思うのですが変更になったんですかね?

そうじゃなかったら伊丹の発着便を相当意識しないといけないだろうし、東からの便は和歌山から伊丹へ着陸する便、さらには関空も影響しそうであの管区の管制官は大変だろうな。そもそも伊丹と神戸って近すぎるんですよ。

少なくとも今の3つの空港の位置関係はとてもよろしくなく思えていたので、ある掲示板に「伊丹はいらんやろう」というような書き込みました。

まあ色々と出てきましたよ、利権や土地柄その他もろもろ。いや〜ぁ、こりゃ難しいですわ。投げ出しそうになりました。そもそも何も担ってないんですがね。 (´∀`)

そんな中、こんな意見も。

みなと こうべ は 汽笛が似合う。
飛行機の騒音は似合わない。
神戸市民には、それがわからんのか?

それに対して、

神戸を発着する飛行機に汽笛を付けてもらえ。

これ見て笑い転げてしまいました、癒されました。



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...