シングルス初挑戦



昨日県民スポーツ祭宮崎市予選(硬式テニス)で初のシングルスの大会に参加しました。

しかし、またですよ、また、雨の中の試合。

CHAMPION’S CHOICEが切れた

CHAMPION’S CHOICE

「ほんまテンション下がるわ。」と思いながら試合開始、1ゲームの4ポイント目で何か打ったボールが変なところに飛んでいったし、打感に違和感を覚えたのでストリングを見ると・・・

「ぎゃーッ テンション下がるどころかキレとるやん 超ショック このストリング高いのに orz」となってメンタルボロボロ状態。

このラケットとストリング(ナチュラル)で調整してきていたので雨を最も恐れていたんですよね。完璧に引き寄せてしまいました。

「晴れ」を想定してラケットの3本中2本をナチュラルストリングで準備していたのですが、選択を誤ってしまったかもしれませんね。

辛うじて1本はナイロン系ストリングを張っていたので、それ以降のプレーはそのラケットを使いました。最初は打感が変わって「やべーっ、コントロールできん。」と思いましたが、以前使っていたラケットですから慣れるのも早かったです。

相手からのサービスで始まり2ゲーム目の私のサービスもブレイクされ0-2と苦しい展開となりましたが、徐々に相手の弱点も見えてきて追いつくことができました。

さて、スコアーは5-5になりまして、次のゲームを私が取ったので6-5、「勝った♪」と早々に握手をしてコートを後にしようと思ったら、てげなテニス部のチームメイトに「まだまだ」と言われたので「何がまだなの?」と不思議に思うと、5-5になったら2ゲーム差が付くまでやるんだってね。そう言えばルールブックにそんなこと書いてあった(爆)。

もう6-5の時点でヘトヘトでしたから、「え〜っ あと1ゲームやんなきゃなんないの?」と思いながらも今日の目的を思い出しつつ、最後は私のサービスゲームであっけなく終わりました。ゲームカウント7-5で辛うじて勝利。Tennis Scoreで試合時間を確認すると1時間14分と表示されてましたけど・・・ほんまかいな?

そして休む間もなく2試合目開始。「ちょっとは休憩させて欲しいな。」と思いましたが、2試合目の相手はだいぶ待ってたみたいで、本部に何度も足を運び「まだか?まだか?」と確認していたみたいです。そんなことから休ませてもらうこともできずでした。

サービスを打つ時、左足が痙攣していたので靴ひもを結ぶ真似して小休止しながら試合を進めました。横に振られると左足が持たなくなると思ったので前に出てのネットプレーを中心に展開を組み立てましたが、相手が猫のようにすばしっこくてとにかく拾うんです、逆をついても。

信じられなかったのが、相手のサーブのコースを読んでストレートに打ち込み、もうすでに決まったと思い「Yes! 」とガッツポーズ取った後にボールが自分のコートに返ってきたことです。皆の爆笑する声が聞こえたのは言うまでもありません。

彼と私の時間軸はあたかも同軸のように思っていましたが、実は平行に進行していて時間軸の歪みから接点が生まれているのではないか?と思わせる瞬間でした。

結局決め玉を拾われ続けて3-6で負けてしまいました。後で考えてみると、フェデラーって決め玉と思われるショットの後もフォローに行ってるんですよね。

足があまり動かなくなっていたっていうのもあるけれど、自分のショットを過信していたことが敗因だったと思います。

2試合しかできませんでしたが、どちらの試合も気持ちで負けておらず、ある程度は自分の展開に相手を引きずり込めていたので、前回のダブルスの試合の課題を克服できた感があります。

それもこれもチームメイトの応援があったからだと思います。自分のプレイに対して拍手や笑い声が聞こえると乗ってきますものね。本当にありがたいことです。

次の課題は、ボールが止まるまで気を抜かないことと、サービスのフォームを確立して精度を上げること。

次の大会は4月11日の春季チャレンジ テニス大会 2010。今度は3回戦までは行きたいな!



37 More posts in スポーツ category
Recommended for you
Seagaiaテニストーナメント第2戦

久し振りのタイトル 初めてペア...