ルートな日 OpenVZ



参照:Installation on Debian – OpenVZ Wiki
繋がらんぞぉ! (#゚Д゚)ゴルァ!!
というインターネット接続に関するサポート電話が少ない日だった。電話の相手は怒りをあらわにケンカ腰の方もいる。「おまえ新入社員やろう!もっと分かる奴を出さんかぁ!!!」なんてお叱りを頂戴する事もある。

今日はそんな日々から少し解放された一日だった。事務処理、ルーチンワークは他へやって、ひたすらルートを楽しんだ。テーマは仮想化。以前から「VMware」や「Xen」を試したりしてたんだけど、環境やその他もろもろ、語り尽くせないくらいの変化がありずっとホールド中だった。仮想化技術の検証時間を得られなくてもイメトレなんかな?頭のどこかで無意識に考えているようで、「あっ、そうやわ、そうやれば実現できる!」って閃きがあったりしていて、実際にやってみたく思ってた時だったのでタイミングがよかった。

「VMware」や「Xen」もいいんだけど、「OpenVZ」が最も自分のニーズに合っているようでDebianにサクッとインストールして使ってみた。ええやん、ええやん!イメージどおりやん!!じゃあ、どんどんVE(仮想環境)を作ってみよう。とその前にメモリーを4Gにしてパフォーマンスを見てみようと思ったら、搭載したメモリが全部見えてないやん。そうかそうか、チューニングして欲しいんやね!こっからです、楽しい時間が始まったのは。

↓この辺を見てOpenVZ用のカーネルをコンパイルしてたんだけど、
OpenVZ
うまくコンパイルが通らない。事務処理、ルーチンワーク、電話サポート嫌いだけど、こういうの大好き! こういう好きな事ができる日を与えてくれてありがとう!! 仕事でもチーム・マイナス6%!!

 



67 More posts in コンピューター category
Recommended for you
MacBook Pro (Late 2016)をDVIで外部ディスプレイに接続

MacBook Pro (La...