レイキ伝授から1年



僕のレイキマスターが4月から東京で生活をすると連絡をくれました。

(´・ω・`)。о◯(え〜っ、このご時世に何で東京??? マスターの見えてるビジョンと僕のとでは全然違うのかな?)なんて事を思った次第です。

その背景には食料。日本のカロリーベースの食料自給率は40%を割ったとか。食料自給率について詳しくはこちら → 食料自給率とはなんですか。

国内の自給率を知る上では大切な指標かもしれませんが、我が家の自給率はというと皆無・・・。宮崎に住んでいてもこんな心配をしているくらいですから、これから1,300万人もの人口を抱える東京に住むというレイキマスターの選択がどういうものなのか興味がありました。先日レイキマスターと一緒に食事を頂く機会があり、そこで東京に移る理由を聞いてみました。

するとレイキマスターは微笑みながら、「人は今のような食事を摂らなくても生きていけるような気がします。それよりも、東京が私を呼んでいるような気がするんですよ(笑)。」という答えでした。

その時、昔テレビで食事を摂らずハニーティーのようなものだけを飲んで健康に生きている人のイメージと、映画のゴールデン・チャイルドで、囚われの身となったゴールデン・チャイルドが小さな葉っぱだけを食べて生きているイメージが浮かんできました。

それにレイキ創始者の臼井甕男さんは、京都鞍馬山にこもり21日間の断食瞑想を行って大宇宙の大いなる意識を感じ取られたというし、食料についてそれほど不安に思わず、これからやろうとしている自給自足生活をエンジョイしてやろうかなと思いました。

「東京が私を呼んでいるような気がするんです。」というのは、東京という場が浄化を求めているらしく、それを実行しに行くのが主たる目的だそうです。やっぱりマスターのエネルギー受信感度、物事の捉え方は僕なんぞ足元にも及びません。でも話をしているとワクワクしてきますね。

明日で僕がレイキのアチューメントを受けて丁度1年になります。通常、初伝を受けてから21日間の自己浄化ヒーリングをやらないといけないんですが、実は連続21日の自己ヒーリングをやったことがないんですねw

マスターに時間がなくても丹田だけでもやってくださいと言われてたんですが(笑)。こんな適当な人間でもレイキを学んだことで色んなサポートを受けることができました。そして、「人事を尽くして天命を待つ」という言葉が理解できるようになりましたね。

何かをやろうとする時、それに必要なもの、キャスティングがうまくコーディネートされるのには驚きです。これからやろうと思っている自給自足でもそうです。道具以前に土地どうしようかな?と思っていると「使ってない土地があるから使っていいですよ。」と言われました。マジすっげー!!と感謝感激しているところです。

レイキは誰にでも流れているそうです。それを意識し、体感し、知ることで、いいものを引き寄せることができるようになる気がします。レイキという言葉を初めて聞いた人は、このような本が出ていますので読んでみるといいかも。



185 More posts in ライフログ category
Recommended for you
アニサキスに思う

巷には動画を制作できるようにな...