OpenVZ privvmpages



privvmpagesパラメータで、アプリケーションで割り当てらるメモリ容量を制御します。

privvmpagesの値を低く設定していると、「Cannot allocate memory」に見舞われます。

このパラメータは結構重要ですね。

メモリの割り当ては2通りの方法があります。

■ /etc/vz/conf/__CTID__ .conf の「PRIVVMPAGES」の値を編集する。

■ vzctlコマンドで設定する。

ここでは、vzctlで設定する方法を記します。

vzctl set <__CTID__> –privvmpages $((256 * 割り当てるメモリの最大容量)) –save

例)__CTID__ 101に1GBのメモリを割り当てる。

# vzctl set 101 –privvmpages $((256 * 1024)) –save

UB limits were set successefully

Saved parameters for VE 101

メモリ割り当ての失敗数(failcnt)を減らすために、バリア(barrier)< リミット(limit)の値を設定した方がよいでしょう。※ failcntはリソースのリミットを超えた時にカウントされます。

バリアとリミットを同時に設定するには以下のように行ないます。

# vzctl set 101 –privvmpages $((256 * 1024)):$((256 * 1126)) –save

コンテナを再起動すると設定が反映されます。

通常、メモリの状態をチェックする場合、freeコマンド等を利用しますが、コンテナ内のメモリの空き容量をチェックするには、以下のコマンドでチェックするのがいいようです。

# grep privvmpages /proc/user_beancounters | awk ‘{ print int(($4-$2)*4/1024) }’

※ コンテ内で実行

【OpenVZ】リソース パラメータ

 



67 More posts in コンピューター category
Recommended for you
MacBook Pro (Late 2016)をDVIで外部ディスプレイに接続

MacBook Pro (La...