超入門 キャシュレス生活



みなさんキャッシュレス生活にシフトしていますか?

 

わたくしは2016年頃から徐々にキャッシュレス生活を始めて、そのおかげで随分とキャッシュレスの恩恵を受けてきています。

 

どんな恩恵かといいますと、キャッシュレスで決済するとポイントが貯まります。そのポイントを使って何かを購入することもできますし、マイルに交換することもできます。

 

わたくしはキャッシュレスで得たポイントをマイルに交換して、それまでよりも贅沢な旅をすることができるようになりました。

 

この記事では、「キャシュレスってどうやって始めればいいのか?」ということを書いていきたいと思います。

 

 

キャッシュレスって何?

キャッシュレスを一言で言うと、主にクレジットカードや電子マネーを利用して支払ったり、受け取ったりすることです。

 

「受け取ったり」と書いたのは、キャッシュレスの中には、お金を送金してもらって受け取ることができるものもあるからなんですけど、100億円キャンペーンで知名度が上がったPayPayやLINE Payには送金機能が付いています。

 

例えば友人と飲みに行った時の割り勘がとても便利です。

 

キャッシュレスに必要なもの

まずはスマートフォンですね。

スマートフォンにLINEやPayPayアプリをインストールして、現金をチャージするか銀行口座から引き落とす設定にするかでキャシュレス決済ができるようになります。

 

そして、必須ではありませんがクレジットカードを持っていれば、キャッシュレス決済の幅も広がりますし、ポイント獲得の機会も格段に増えます。

  • スマートフォン
  • クレジットカード

 

 

キャッシュレスの種類

具体的には、キャッシュレスはこの3種類があります。

 

クレジットカード

今のところ日本では現金の次に使えるのがクレジットカードではないでしょうか?

 

電子マネーの普及で存在感が薄れてきいますが、電子マネーも結局のところクレジットカードと紐付けすることが多いので、クレジットカードの重要性は依然として高いと思います。

 

電子マネー

わたくしiPhoneユーザーなのですが、iPhone 7からWalletにSuicaやクレジットカードに付いているiDやQUICPayを登録することができるようになりました。

 

コンビニ、スーパーや電車、ガソリンスタンドなど、多くの場所で電子マネーが使えるようになってきたことから、通常の生活圏内であれば財布を持ち歩くこともなくiPhoneだけを持って外出するということも多くなりました。

 

iPhoneをリーダーにかざすだけで決済が完結、決済スピードなら電子マネーがダントツです。

 

QR決済

100億円キャンペーンで知名度も上がったPayPayやLINE PayがQR決済方式をとっています。

 

クレジットカードを持っていなくてもスマホだけで決済を完結できるので、学生さんなどは使いやすいのではないでしょうか?

 

キャッシュレスに対応しようとする店舗さんは、決済するのに必要な読み取り機材や決済手数料などの負担を強いられていましたが、PayPayは店舗側の負担を取り除いてくれているのでPayPayは使えるところが増えてきているようです。

 

個人で経営されているテニスショップまでPayPay対応になっていて驚きました。ガットの張替えもキャッシュレスになり、時代の流れを感じずにはいられませんでした。

 

 

 

コメントを残す

203 More posts in ライフログ category
Recommended for you
澤田宏太郎 – ZOZOを託される新社長ってどんな人?

ZOZO前澤友作社長が代表取締...